無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
出演情報:5月29日(金)エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会vol.3 グランチーニ
0

    出演公演情報:2015年5月29日(金)19時開演

    エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会vol.3

    遂に日本初登場!
    ミラノ大聖堂の作曲家ミケランジェロ・グランチーニ
    〜モンテヴェルディの没年(1643年)に出版されたヴェスプロ(夕べの祈り) がヴェールを脱ぐ!〜


    ミケランジェロ・グランチーニ:4声のためのヴェスプロ《新しい教会の花々》より
    Michelangelo Grancini(1605-1669): Vespro a 4voci da ❛Novelli fiori ecclesiastici(1643)❜


    『日本初お目見え!
    ミラノ大聖堂の作曲家
    ミケランジェロ・グランチーニ (1605-1669) のヴェスプロ(晩課)』
                                                      〜《新しい教会の花々》 (1643) より
    Vespro di Michel’Angelo Grancini da «Novelli Fiori Ecclesiastici» (1643)

    “ヴェスプロはモンテヴェルディだけではありません!!!”

    ミラノ大聖堂の作曲家であったミケランジェロ・グランチーニ(1605-1669)の1643年に出版された曲集『新しい教会の花々』に収められているヴェスプロの演奏会。この作品は、指揮者の福島康晴がイタリア・ローディ市の教会付属古文書館に保存されている1643年当時の出版譜を現代の楽譜に書き起こしたもので、2014年9月にイタリアで世界復活初演された。福島が編纂した楽譜はイタリアの出版社から近刊予定。日本でも福島自らが指揮をし、復活初演される記念すべきコンサートである。内容は詩篇が5曲とマニーフィカト等の通奏低音付きの混声4部の作品で、間に演奏される賛歌は福島がミラノ大聖堂の古文書館で筆写したものを演奏する。そのため、演奏曲目のCDや出版された楽譜は未だ存在していない。オリジナリティーに富み、世界的に見ても先駆的な公演!

    指揮:福島康晴

    ソプラノ:阿部早希子* 田中詩乃 森川郁子
    アルト:田中栄吉 かのうよしこ 村松稔之*
    テノール:鏡貫之* 鈴木秀和 根岸一郎
    バス:阿部大輔 井手守 三浦英治*
    *=ソリスト

    バロックチェロ:懸田貴嗣
    バロックハープ:矢野薫
    オルガン:彪前ー子

    2015年5月29日(金)19:00開演 18:30開場
    18:45より指揮者:福島康晴氏による解説あり

    浅草・ミレニアムホール 
    案内図:https://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/gakushu/syougaigakusyuucente/annaizu.html
    前売り券4000円 / 当日券4500円 / 学生券2000円(要予約。エクス・ノーヴォ事務局のみ取扱い)

    <チケット申し込み>
    エクス・ノーヴォ事務局 info@exnovochamberchoir.com / tel:070-5360-6678
    東京古典楽器センター tel:03-3952-5515
    東京文化会館チケットサービス tel:03-5685-0650
    イープラス http://eplus.jp

    info@sakikoabe.link からも直接お申込み頂けます。
    お名前、メールアドレス、チケット枚数明記の上メールを送信して下さい。




    <エクス・ノーヴォ室内合唱団> http://exnovochamberchoir.com
    福島康晴が主宰するエクス・ノーヴォ室内合唱団は、各パート1人から3人という少数精鋭のアンサンブルを基調とするプロフェッショナルな団体。
    イタリア音楽、それも後期ルネッサンスからバロック時代にかけての宗教曲をレパートリーの中心に据えている。
    コンサートで取り上げる作品は、必ずそのオリジナル印刷譜か手稿譜を研究し、当時の音楽理論書も参照しながら演奏を構築している。
    ヨーロッパでは頻繁にえんそうされるけれども日本ではあまり取り上げられない作品や、ヨーロッパの古文書館に収められたまままだ演奏されていない未知の作品、そして既にレパートリーとして定着しているけれども演奏法を再考する必要があると思われる作品を「初めから作り直すEX NOVO(ラテン語)」ことを掲げ誕生した。
    昨年はフランチェスコ・ドゥランテのレクイエム全曲と「第1作法のモンテヴェルディ」と題した演奏会を行い、そのオリジナリティ−溢れるプログラミングと質の高い演奏は高く評価された。




     
    | 阿部早希子 | - | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: